| Home | プロフィール | ブログ | リンク集 | サイトマップ | コンタクト |
HOME > スタンプ画像の作り方 > 画像に文字入れする > 手描き風の文字を作る

手描き風の文字を作る

売り物であるLINEスタンプ画像に、パソコンに最初から入っているフォントを使って文字を入れていいかどうかは、なかなか微妙な問題です。フォントによっては、使用許諾が必要だったり、ライセンス料が発生することもあるそう。

では、スタンプ画像の文字はどうやって入れればいいのか。最も安全なのは、自分で手書きすることです。

ツールボックスの「鉛筆ツール」を選択して、画面上をドラッグ(マウスの左ボタンを押しながら、マウスを動かす)してみてください。フリーハンドで線が描けます。

フリーハンドで線

このツールを使って、文字を描きます。線の始点で左ボタンを押し、ドラッグして終点で放す、その繰り返しです。

あとで縮小できますので、描きやすい大きさで描いて構いません。あと、線のゆがみやバランスも、後で調整できます。何の文字か一目で分かる、というレベルでOK。

ここでは、「やあ」と描いてみました。線が小刻みに震えています。これを編集して、なめらかにしましょう。「選択ツール」のボタンをクリックして、文字全体が納まるようにドラッグしてください。

文字全体が納まるようにドラッグ

次に、「ノードツール」に切り替えると、文字の線の上に無数の◇や□が現れます。こういった◇や□のことを、今後「ノード」と呼びます。

「ノードツール」に切り替え

その状態で、メニュー「パス」から「パスの簡略化」を選択すると、ノードの数がかなり減ります。

「パスの簡略化」

ノードは、動かしたり削除したりすることができます。動かすには、マウスポインタを合わせてドラッグします。

ノードを動かす

ノードの削除は、削除したいノードをクリックして選択状態にし(色が黄色に変わります)、[Delete]キーを押します。線をまっすぐにしたい場合、始点と終点の間にあるノードを消すといいでしょう。

ノードを消す

複数のノードを囲むように画面をドラッグすると、まとめて選択状態にすることができます。

複数のノードをまとめて選択状態に

ただ、消しすぎると、文字の形が崩壊することがあります。そんな時は、「元へ戻す」をクリックして、復活させましょう。

「元へ戻す」をクリック

線の上でダブルクリックをして、新しいノードを挿入することもできます。

新しいノードを挿入

ノードにくっついている青い線の先の○をドラッグすると、線の角度を変えることができます。この青い線を「ハンドル」といいます。

ハンドル

文字ができたら、すべての線を選択状態にして、イラストに合うように位置や大きさを変更します。

文字の位置や大きさを変更

線の幅や先端の形は、「フィルとストローク」で変更できます。

線の幅や先端の形を変更

色は、同じく「フィルとストローク」の「ストロークの塗り」、または[Shift]を押しながら、パレットの色をクリックで変更してください。

色を変更


お買い物ガイド
支払い方法について

配送業者について



引渡し時期について

配送・送料について

お問い合わせ