| Home | プロフィール | ブログ | リンク集 | サイトマップ | コンタクト |
HOME > スタンプ画像の作り方 > オリジナルキャラを描く > 線(パス)でパーツを加工する

線(パス)でパーツを加工する

パーツ用に作ったオブジェクトを、ドラッグして並べてみたところ、胴体のあたりがスカスカで物足りないことが分かりました。そこで、線を描き加えてみることにします。

スカスカで物足りない

水平な直線は、ツールボックスの「ペンツール」を選択し、始点をクリック→マウスを動かす([Ctrl]キーを押しながら)→終点をクリック→右クリックという手順で描けます。

ペンツールを使って線を描く

線が描けたら、「フィル/ストローク」ダイアログを起動させて、「ストロークのスタイル」の画面で線の幅を太くし、先端を丸めましょう。

フィル/ストローク

線の幅と先端を変更

その上で、キャラクターに重ねてみたところ、あら、線が長すぎましたね。

線が長すぎました

線の長さを変えるには、選択ツールで指定して、表示された⇔をドラッグするという方法があります。しかし、この方法だと、線の幅まで縮小されてしまい、後でまた線を太くしなくてはいけないので、面倒です。

選択ツールで長さを変更した場合

線の幅はそのままで、長さだけを変えたい場合は、「ノードツール」で編集します。

ノードツール

「ノードツール」をクリックして、線を選択すると、両端に小さな菱形が表示されます。そこにマウスポインタを合わせ、線が短くなるようにドラッグ。Ctrlキーを押しながらドラッグすると、線が斜めになることなく、長さだけが変わります。

ノードツールで長さを変更

ちょうどよい長さの線ができたら、必要な数だけコピーして、キャラクターの上に並べて出来上がりです。

コピーして配置


お買い物ガイド
支払い方法について

配送業者について



引渡し時期について

配送・送料について

お問い合わせ