| Home | プロフィール | ブログ | リンク集 | サイトマップ | コンタクト |
HOME > スタンプ画像の作り方 > キャラクターを加工する > フィル/ストローク(RGB、カラーコード)で色を変更する

フィル/ストローク(RGB、カラーコード)で色を変更する

INKSCAPEでオブジェクトの色を変更する方法には、パレットを使う方法と、フィル/ストロークを使う方法があります。

パレットとフィル/ストローク

パレットだけでもかなりの色数がありますが、フィル/ストロークの方が細かく色を指定することが可能。RGBなどの数値を指定する方法と、ホイールを使う方法がありますが、このページではRGBを使う方法を解説します。

何かオブジェクトを一つ選択した上で、フィル/ストロークダイアログの「フィル」画面の「RGB」タブをクリックしてみてください。

「RGB」タブをクリック

ここでは、R(赤)、G(緑)、B(青)の比率を変えることで、色を変えることができます。Web色見本帳などで、お気に入りの色のRGB値が分かる場合は、この画面で色を設定するのが便利です。

Web色見本のサイトは色々ありますが、例えば「洋色大辞典」のページをから、気になる色を一つ選んで、クリックしてみてください。個別ページにR:○ G:○ B:○という表示があります。これがRGB値です。

洋色大辞典でみるRGB

ここで選んだターコイズグリーンの場合は、R:0 G:148 B:122 となっています。同じ色を作りたければ、Inkscapeのフィル/ストロークダイアログのRの欄に0、Gの欄に148、Bの欄に122と入力すればいいわけです。

ターコイズグリーンのRGB

また、Web色見本帳には、通常、頭に#(シャープ)が付いた6桁の数字も示されています。これは、ホームページで色の指定に使われるカラーコードです。

アザレのカラーコード

この6桁の数字をコピーして、Inkscapeのフィル/ストロークダイアログの右下の方にある「RGBA」欄に貼り付け、末尾に「ff」を付けると、色見本と同じ色を再現することができます。

カラーコードを貼り付け


お買い物ガイド
支払い方法について

配送業者について



引渡し時期について

配送・送料について

お問い合わせ